平成29年度の研修

5月20日
7月1日
7月21、22日 @千里敬愛幼稚園
9月23日
10月14日
11月18日
12月15、16日 @臼井幼稚園
1月20日
2月 @千里敬愛幼稚園


どの幼稚園でもそうだと思いますが、臼井幼稚園でも定期的に職員の研修を行います。
新年度が始まると新しい職員が入ってもきますので、月案、週案、日案、各種指導案の
書き方、 リズム・バリエーション、 クリエイティブ・ムーブメントの研修、文字ことばの教材の研修など保育に関する研修のほか、危機管理、非常時訓練、子どもが 怪我をした時の対応、
社会人としてのマナー等など、園内研修を行ないます。

そしてFOBの研修会がほぼ毎月行なわれます。職員は休日を返上して出席します。
FOBとは大阪の千里敬愛幼稚園 小谷園長先生が実践してこられた保育内容をモデルとして
学ぶ勉強会です。
Education of the children, by the children, for the children
(子どもの、子どもによる、子どものための幼児教育)を目指しています。

子ども達にとって本当に良い教育とは何か、悩んでいた園長と小谷先生との出会い、
千里敬愛幼稚園の本物の子ども達との 出会いが、このFOB参加のきっかけになりました。
臼井幼稚園の子ども達が自分で考え、興味を持ち、意欲を持って取り組むことができること。
教師による「やらせ」による 「指示待ちの子ども達」を作らないことが私達の理想とする
子ども達と考えます。

飴と鞭では子ども達が考える力が育ちません。
かと言って放任保育や自由保育は賞賛できません。
私達が目指すのは、子ども達と教師との信頼関係が築かれた上で、
教師が熟考し計画した保育計画に基づく日常保育の充実です。
言葉掛け、 準備する教材ひとつ、そして教師自身含めすべてが教育環境なのです。
「どんな子どもを育てたいか」私達はいつも考えています。